がんばって副業で稼いでます。

もう40歳になろうという年齢なので、働けるとしてもあと25年ということもあり、なんとか、25年で、50年弱から40年くらいは働けるお金を稼ぐ必要があるので、結構必死に稼いでます。

ただ実際問題として今の仕事の稼ぎだけではどう考えても厳しいところがあるので、3つほど副業に手を出して、なんとか収入を増やしてます。具体的には趣味のSFのブログを結構詳しく書いているのですが、そこからのアドセンスの収入でこれが結構馬鹿にならないくらいは稼げます。

月間で1万円くらいは稼げますので、いい感じなわけです。さらに、2つのサイトに文章を納品する仕事をしているので、3
つあわせてがんばると月間5万円くらいの収入になるわけです。

5万円もあると年間で60万円ということですので、20年あるとしたら1200万円ですので、まあ悪くない収入なわけです。なんとかがんばって老後の備えにしていきたいと思ってますが、できれば労働集約型の仕事ではなく、チャリンチャリンと入ってくるビジネスにしていきたいです。
キャッシング 即日 無利息

お金に困った時にすぐに借入をする

世の中何をするにあたっても先立つお金がなくてはどうにもなりません。
それにもかかわらず十分なお金を用意できないとなるととても困るものです。
消費者金融やカードローンから借入をするという経験がなければ、借入の申し込むのはとても不安なことでしょう。
しかし身近な人からお金を借りるということの方が人間関係において信用を無くしたりその後の関係がうまくいかなくなってしまうことがあります。
事業として融資をしているところを利用したほうが安全な場合のほうが多いでしょう。
安定した収入があり、しかも他からの借入がなければ審査はとてもスムーズですぐに借入ができます。
しかし学生や主婦のように収入と呼べるようなものがほとんどない場合もありますし、年齢的に借入が難しい場合もあるので十分に注意が必要です。
どこか借入審査が通過できないのではないかという不安があるようなら、その会社の簡易審査をサイトで試してみて審査を通過できるかを試してみるといいでしょう。
なぜ借りることができないのかという原因がわからないことには、同じように申し込みを繰り返すだけで、問題を解決することができないでいます。
審査の比較的甘い会社もありますから、借入に不安があるのならそのようなところを利用することも考えたいものです。
借金返済方法

キャッシングを利用して良かったこと

キャッシングを利用していて良かったと思うことは、お金に困った場合でも、周囲の人に知られずに借りられることです。

消費者金融はネットで申し込みが可能ですし、また借りるときはATMを利用できます。さらに返済に関してもATMを利用できるので、誰かにお金を借りているところを見られる心配がいりません。
注意してほしいのは、申し込みのあと審査に通過しないとお金を借りられないことです。審査基準は消費者金融によって違うので気をつけましょう。

もっとも収入が安定していれば、審査には大抵通ります。毎月ある程度の給与をもらえているかどうかであったり、勤続年数が長いと収入が安定していると判断される傾向にあります。

カードローン 主婦

最近は消費者金融に関しての情報サイトであったり、口コミサイトなどがあるので、審査が気になる人はそちらから調べておきましょう。

この他、消費者金融によって金利、限度額などにも違いがあります。金利は当然低い方が良く、限度額は好みで選ぶと良いです。

ただし消費者金融の場合、限度額は最高でも年収の3分の1です。これは総量規制と呼ばれるルールの影響です。
そういえば、私が利用している消費者金融では1ヶ月のみ金利がゼロのサービスがありました。すぐに返済できる予定で借りる場合には良いサービスですね。

医療費貧乏のためのカードローン講座

私は医療費がかさんだのでカードローンをすることを決めました。
この記事ではカードローン初心者のために入門方法をまとめています。

私は、リウマチと線維筋痛症という病気を患っています。
もう、十年以上闘病しているので最近西洋医学の限界を感じ鍼灸院を訪ねました。
施術はとても心地よく、気持ちも心も身体の痛みもほぐれていく感じでした。

でも一回の治療費が約5000円。それを私の場合は週に一度は行わなければなりません。
障害年金で生活をしている身としては、病院の医療費もあるしかなり考えました。

お金があれば心地がいい治療が受けられるけど、貧乏な私はさすがに無理な話なので、鍼灸院には嘘をついて、「病院の主治医に鍼灸を禁止されたのでお断りします」と言い鍼灸院の治療を断念する事になりました。

本当は治療を続けたかった。けどお金が無いため諦めるしかない事が情けなく辛かったです。

でもカードローンさえあればお金を借りることが出来ます。
今の時代ならウェブ申込という切り札を使えばたった1時間もあれば、
自分の銀行口座に医療費分のお金が振込まれることになります。
これは驚くべきことです。

そして、銀行カードローンといえば審査が必要です。
しかし恐れることはありません。普通に収入が有れば大丈夫。
20万円 借りる

お金が無いが口癖の母だけどお金を借りたいは私の口癖

私の父は母と結婚した当初から、子供が生まれるのに母にも伝えず会社を辞めたそうです。

そのため兄にはクリスマスケーキを買うお金すらなかったらしいです。

その後も父は仕事を転々としてるため給料も安いため、母が男性並みに働いて私たちを育てました。

母には人並みに学校を出させてもらったので感謝はしていますが、もうすぐ70歳ですが家のローンが残っているためまだガツガツして働いています。
そのためか、母の口癖の「何をするにもお金がかかる」という言葉は私は病気療養中なため、満足に働けないために、その言葉がとても身に染みる時がかなりまります。
贅沢をしているわけでもないのに、増税したせいもあり我が家は本当に苦しい状態です。

本当なら、母の口癖のお金が無いというのも聞きたくありません。
でも本人は無意識に言ってしまうらしく私の身体まで調子が悪くなります。

こんな家庭にした父が悪いのに反省してる様子もありません。

一方私はというとお金を借りたくて仕方ありません。キャッシング・カードローンやクレカなどで
いつも3万円くらい借りています。3万円なら金利も安くてお得です。
すぐ返せば無利息の会社もあるし、おすすめですね。

モビット 在籍確認

消費者金融から書いれて浴槽をお札いっぱいにしたい

私はキャッシングで借りれが多くて困っています。

それだからありえない夢を抱いてしまうのです。

昔見た何かのドラマで、浴槽に1万円札を一杯入れてたシーンがありました。
それやってみたいです。一体いくらあれば浴槽を1万円札で埋められるのでしょうか?
100万円じゃ無理ですよね。1000万円、でも無理かな。数千万円、いや数億円は必要かもしれませんね。
とりあえず、それが実現できたら、その中に
飼い猫を突っ込んで、写真を取ります。そしてツイッターに
アップします。金沢かどこかの競輪場で、途方も無い
配当金の車券が当たったみたいです。自分もよく競馬で
当たれば数千万円!という3連単を買います。

当たるところが、当たりそうな気配すら皆無です。
いいんです。競馬は国庫に納まるので、納税です。

一番手っ取り早いのが消費者金融で借入することです。その夢を実現するためには複数の会社から
借り入れしたいですね。確かに18%の金利はかなり高いかもしれませんが、
頑張ればなんとかなるかもしれないですからね。

まあすぐに返済すれば借金まみれになることはなさそうです。
一時的に高金利で借りても返済までの期間が短ければ利息は少なくて済みます。

お金 借りる 方法

 

キャッシングの利息は高い

僕はいつも思っているのですが、キャッシングの利息ってとても高いです。

それって結構不満に思っています。なぜなら18%も取られるからです。
消費税ですらまだ8%です。もうすぐ10%になろうとしていますけれど、現行と将来の
税率を足した金額くらいになってしまうのです。

しかも放っておくとどんどん18%が加算されていきます。つまり雪だるま式に増えていくということです。
投資なら嬉しいですが、借金ですから気分はよくありませんね。

なので、高いと思うのです。だからよく起業するときの資金はみんな消費者金融やフリーローンで
借りることはありません。なぜなら会社経営は利益が30%出れば優秀です。
しかし、資金を借りて18%も利息を払わなければ利益はほとんど持って行かれます。
しかも赤字だとしても利息はしっかり取られるので相当厳しいことになるでしょう。

だから銀行や信金から低利息でお金を企業は借りたがるのです。それから国金なども利息は安いです。
しかし、経営状況が危ない会社はなかなか融資してもらえないのでフリーローンを選びます。

もっと利息が低ければ我々も使いやすいのですが、そうなるとリスクとリターンが合わなくなるのでしょうね。
例えば、貸し倒れのリスクは確実にあるので、それを防ぐための利息の高さなのです。
仮に一定数貸し倒れても大丈夫なように計算しています。

お金がない 借りる

日本のエリート弁護士の風格

弁護士になったからには風格と気品を兼ね備えてもらいたいものです。

どんな世界にもそうなのですが、その道にははぐれもののようなものが必ず出てきたりします。

例えば医者の場合無免許だったりやぶ医者だったり、製薬会社から賄賂ををもらっていたり
などなどですね。

そして弁護士の中にも悪徳弁護士というものが確実に存在します。
悪党の弁護士を引き受けて弱者を追い込むような事をやる輩とか、
不正をするような弁護士もいたりします。

そういう奴らは今後確実に増えてくると思います。
なぜなら最近は弁護士が増えてきて供給過多になってしまったからです。
まっとうな案件では食っていけなくなった弁護士達は悪の道に走ってしまいます。

簡単に儲かるからと言って法律家の矜持を捨てて悪の道に走ってしまいます。
人間弱いものです。司法試験に合格できるくらい努力を重ねられるほど高い自制心を持っているにも
関わらず食うために安易に実を落とす者がいるのだから。

試験勉強していた時の苦しさや努力を思い出して欲しいものです。
今悪徳弁護士をやっている人もこのブログを見ていたら是非目を冷ましてもらいたいところです。

反社会的行為は許されるものではありません。そしてそれに加担することもです。
一日も早く正道に戻ることが弁護士の気品と風格を取り戻すことにつながるのです。

差し押さえガイド@借金で給料や預金口座がある日突然出せなくなる

 

弁護士でも飛び込み営業する時代

今は本当に厳しい時代です。昔のようにオフィスを構えて電話帳に事務所の電話番号を掲載しておけば

誰かから問い合わせが来た時代とは違います。
今は供給過多のため、顧客の奪い合いとなっています。

昔は弁護士は広告を出したりCMを作ったりすることは出来ませんでしたが、
21世紀になって弁護士法が改正されたため、宣伝活動を行うことが出来るようになりました。

弁護士も営利活動が出来る時代になったのです。
なので、お客を探すために飛び込み営業を頑張っている弁護士もいます。
そうでもしないと生き残っていけないのです。

今の若手弁護士の平均年収は200万円とも言われています。
一方利権を貪っている昔の弁護士は、2000万も3000万も稼いでいます。
今は二極化している状況なのです。

なので、企業にでも飛び込み営業をかけて、
新規開拓をしなければならないのです。

そうしなければ廃業に追い込まれていくことは目に見えています。
法律事務所を開けば食っていける時代とうに終わりました。

社会の厳しさを目の当たりにあしていますが、こうでなくてはいけません。
試験に合格した後も厳しさに辟易するでしょうが、頑張ってください。

いくら辛くても背を向けてしまえばおしまいです。
しかし立ち向かって頑張り続ければ必ずいつか報われると思っています。
その日のために歩き続けるのです。

借金地獄

リボ払いで自己破産

僕はリボ払いでお買い物ばかりしていました。最初にカードを作ったキッカケはインターネットでの

お買い物でした。ネットで物を買うためには銀行振込は不便で仕方ありません。
なので、カードを持っていなかったのですが、クレジットカードを作りました。

当時は正社員として働いていたので、審査は楽勝で通りました。
もしフリーターや無職ならカードは作れなかったでしょう。

しかし会社が嫌になった僕は定職を捨てて有名になりたいと思いタレントを目指しました。
でもさすがにそれだけでいきなり食べていくことはでいないのでアルバイトの収入を頼ることになりました。
当然ながら収入は落ちて正社員時代の半分以下になりました。

収入は減ったけど家賃はそのままだったし生活水準は代わりませんでした。
相変わらず昔と同じような感覚でお買い物もしていました。

ブランドの服や高い家具もリボ払いで買っていました。
いくら買ったのか数えても居ませんでした。

そしてある時請求書を見たらとんでもない金額でびっくりしました。
とても返せないので他のカード会社からキャッシングして返済してたら手遅れになったので、
弁護士を使って自己破産することになりました。

債務整理は簡単ですが、金銭感覚が狂ったままだと復活は難しそうですね。

個人再生 デメリット
http://xn--9ckhe2hxbx383an6bj8dtv0j.net